×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   


   

国境の街ティファナ

 ティファナは、メキシコ合衆国バハカリフォルニア州の最北部にあり、人口は約140万人メキシコ第八番目の都市です。メキシコシティからは約2800Kmも離れていますが、街の北側はアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンディエゴと国境を接して、サンディエゴのダウンタウンから車で約20分、ロサンゼルスから車で約2時間半の距離に位置しています。この為サンディエゴ経由で日帰り観光者が多く、国境付近やセントロ(ダウンタウン)には土産物店、レストラン、ストリップ、薬局(アメリカで薬を買う場合は処方箋が必要であるがメキシコでは簡単に買える。)が軒を連ねています。ダウンタウンとオタイの2箇所に24時間開いている国境ゲートがあり年間利用者は世界最大で5300万人にも及びます。街には日系を含む外資系企業も多数進出しており輸出入や観光で活気にあふれています。 隣町のロサリートには、タイタニックの撮影が行なわれたFOXのバハカリフォルニア撮影所があります。

米国へ渡航を予定されている方への重要情報
2009年1月12日から米国の電子渡航認証システム(ESTA)が導入されました。米国政府は、日本を含む査証免除対象国の国民が査証免除対象者として米国に渡航しようとする場合、渡航前にインターネットで、渡航者の情報を米国当局に通報し、査証免除で渡航できるか否かチェックを受ける電子渡航認証システム「ESTA」を導入しまた。米国へビザなしで渡航または通過する方は、少なくとも出発の72時間前までに申請して下さい。
詳しくは、外務省のウェブサイトで確認してください。http://www.mofa.go.jp/



日本政府インターネットテレビ:22chトピックスで動画による案内があります。
2009年1月12日から渡米の際に必要となる電子渡航認証システム(ESTA) 2008/12/3024:24  http://nettv.gov-online.go.jp/

リアルタイム海外旅行記リンク集
旅音
鎌倉の夫婦が中南米を五感六感、五臓六腑を駆使して旅する体験記。『面白そう!』『旨そう!』『行ってみたい!』というような、旅ごころを刺激する情報を中心に掲載中。
旅のルート   アジア⇒中南米
タビフーフ
2002年に日本を旅立ったタビフーフの長旅の様子を、リアルタイムで皆様にお伝えしていきます。世界一周達成の予定。
旅のルート  アジア⇒中東⇒ヨーロッパ⇒アフリカ⇒南米
ワールドトラベラー
2004年9月より2年間の予定で世界一周中の夫婦のホームページです。世界の各地から、見たもの、聞いたこと、食べたもの、感じた事などを旅行記と写真集に掲載していきます。
旅のルート  アジア⇒東欧⇒中東⇒アフリカ⇒ヨーロッパ⇒南米⇒中米北米⇒オセアニア
mY soul mY heart 私の世界一周のキロク
私の世界一周のキロク 2006年7月12日に女1人で世界一周の旅をスタートしました。ロサンゼルスから入り、2年かけて東回りで世界一周する予定です。リアルタイムで旅行記をお届けしま
旅のルート アメリカ⇒中米⇒南米⇒アフリカ⇒中東⇒アジア
世界ぷらぷら(バックパッカー世界一周)
世界一周ぷらぷらの旅に出,た。現地の旅情報や、旅の様子をリアルタイムに更新!!
旅のルート  旅のルート  アジア⇒オセアニア⇒中東ヨーロッパ⇒中南米⇒北米⇒アジア
世界一周旅物語(せかたび)
世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。
旅のルート アジア⇒ヨーロッパ⇒アフリカ⇒中東⇒ヨーロッパ⇒アジア⇒オセアニア⇒南米⇒中米⇒北米
チキュウサンポ
2005 年3月から世界一周旅行に出発し、五大陸を横断しながら旅の情報などをリアルタイムで更新している世界旅行記です。日本に居た頃「ホテルオタク」だった事 を活かし、これから旅をされる方々に必要なバックパッカー安宿情報や移動情報などを詳しく載せていますので今後の参考になるでしょう。
旅のルート アジア⇒中東⇒ヨーロッパ⇒アフリカ⇒南米⇒中米⇒北米
Nothing is impossible, 世界一周自転車の旅
世界一周自転車の旅何年かかるかわからないが、自転車で世界一周をしています。 世界中をフィルムに収めながら、旅を続けています。
旅のルート アフリカ⇒中東⇒アジア⇒中米⇒南米
旅して〜世界206ヶ国&旅と暮らし
世界の全独立国を含む206ヶ国を訪れた旅人からのメッセージ、現在も旅行中。
旅のルート アジア⇒中東⇒ヨーロッパ⇒アフリカ⇒
世界一周旅行記BLOG風
世界のいろんな場所からリアルタイムでホームページを更新していきます。旅で撮った写真を掲載したり、現地で学んだ雑学を紹介したりしながら、記事を書いていきます。
旅のルート アジア⇒中東⇒アフリカ⇒アジア⇒ヨーロッパ⇒北米⇒中米⇒南米